平面を立体にする仕事

デザイン

技術力で勝負

オシャレな洋服作りには、デザイナーのデザイン力が試されます。ただしどんなに良いデザインをしたとしても、それはあくまでも平面の世界のもので、実際の洋服にするのはそのデザイン画を立体的に起こすことが必要です。この立体的にするために必要なのが型紙(パターン)なのです。デザイン画から型紙を作り出すのは、パタンナーの仕事です。パタンナーはデザイナーと共同で作業し、デザイナーが意図するデサインを理解して型紙を作り、それを具現化します。デザイナーは感性や表現力が求められますが、パタンナーは生地のカットに仕方や縫製のやり方といった技術力が求められます。高い技術を持つパタンナーが作り上げたファッションは、上質で着心地がよく完成度が高いと好評価です。こうしたことから、ファッション業界では技術力のあるパタンナーが常に求められています。パタンナーになるには、服作りに関わる知識や専門的なスキルが必要です。そのためパタンナーを目指す多くの人は、ファッション専門学校でこれらを学んでいます。ファッション専門学校にはパターンを学ぶ専門の学科があり、座学はもちろんですが、それ以上に実際にパターンを作る実習を徹底的に行います。これは、ファッション関連企業の多くが専門学校卒業後にすぐ実践的な作業を求めてくることから、このような実習重視のカリキュラムとなっているのです。また、専門学校は卒業後の就職サポートが手厚く、中でもパタンナーは多くのファッションメーカーから引き合いが強いことから、就職が有利と言われています。